忍者ブログ

社会問題研究所

社会現象の考察。政治、経済、科学、文化など。  このサイトはリンクフリーです。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

必要な仕事、いらない仕事

世の中には必要ない仕事がある。例えば大学教員(特に文科系(主張は関係ない)、芸術系、体育系)。頼みもしないのにやってくる営業(訪問とか電話とか)。有害な結果になった医療。色々と必要がない仕事ってあるであろう。

 必要な仕事もあるであろう。介護なんか必要な仕事であろう。なぜ避ける人がいるのか、それは収入が少ないからというのが理由の一つにあるのではなかろうか。

 本当に必要な仕事であっても避けられてしまう、一方で不要な仕事がある。不要どころかない方が良い場合があるだろう。

 なんで必要な仕事を避けるのかというと、それは収入が少ないとか、そういうのは社会構造がそうなっていて、行政の政策次第で収入なんて多くしたりできうるわけである。

 無農薬野菜だって、そこへ補助金をだすとかそういうことをしていけば、日本は食料を捨てているのだから、無農薬野菜の割合だって増やすことができるだろう。

 どういう社会にしていきたいのかということではなかろうか。
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

ブログ内検索

このエントリーをはてなブックマークに追加