忍者ブログ

社会問題研究所

社会現象の考察。政治、経済、科学、文化など。  このサイトはリンクフリーです。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

学校教員や上司などの聞く価値のない話

学校教員とか上司とか面接官とかそういう立場を利用して、自分の優れた話を聞かせようと実際はくだらない内容の話をする人がいるであろう。こんなの聞かされるとたまったものではないが、それを採用すると自分に有害な影響が及ぶ話なんて最悪である。

 いくら立場を利用して偉そうに優れた話をしているのだとそう信じ込んで話していても、実際はそれは間違っていたり、そんな方針で生きていたら害が自分に発生するであろうまたはするかもしれない話をしている人、ただ間違った認識で生きているだけなのか実際に自分に不都合なことが生じるのかはわからないが、その人はどういう生き方をするのであろうか。

 実際世の中では不都合なことが起きたり問題が生じている人がいるであろう。その人がどこかで偉そうにしているかは知らないが、いくら自分は偉いのだってやってみても、実は問題が生じているあるいは将来生じる、崩壊する、そういうことなのかもしれない。

 学校教員とか上司とか面接官とかの有害な話で自分の人生を崩壊させないことだ。偉そうに有害な話をしている本人がどう生きるか、それは分からない。
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

ブログ内検索

このエントリーをはてなブックマークに追加