忍者ブログ

社会問題研究所

社会現象の考察。政治、経済、科学、文化など。  このサイトはリンクフリーです。

「私は医者だ。」「何くだらんこと言っているのだ。」

無関係の場で医師免許を持っている人で医者だという人がいるのではなかろうか。それは仕事でそれをしている時間がそうだということだろ。例えば、道を歩けば一人の通行人、電車に乗れば一人の乗客、そんなの当たり前だ。しかも、他の人ととりたてて違うということを無関係の場で示すくせに、救急の時に自分がして他の人にメリットをもたらすということすらなく、無関係の場で医師免許を持っているからと言って医者だという人がいるのではなかろうか。もちろん、仮に、医者としての活動をせずに医師免許を持っているだけの場合、医者としてよいのかどうかという議論もあるであろう。

 医師免許を持っている自分のことを偉い人だと思っているのかもしれないが、医者のせいでひどい目にあった人はたくさんいるはずだ。ひどい行為をする人達の仲間ですと言っているようなものだ。医師免許を持っている人には非常識な人がいると言えるのかもしれない。
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

ブログ内検索

このエントリーをはてなブックマークに追加