忍者ブログ

社会問題研究所

社会現象の考察。政治、経済、科学、文化など。  このサイトはリンクフリーです。

学校を批判的に語る

 学校とはそんなに素晴らしいものかという疑問がある。学校は、個性を伸ばすものではなく、画一化されたことを訓練する場所になっている。教科の学習だって世の中いろいろなテーマがあるが、決められたことをする場所であるし、制服とか組体操とかの団体行動、そんなの家業を継いだり起業するので関係ないという人もいるであろう。

 では、訓練する教科の内容、国語でも数学でも体育でも構わないのだが、画一化されたことを訓練するとしているその内容、テーマ、たとえ自分が選んだものでなかったとしても、学校のおかげでよくできるようになるかというと、教えている人が色々いて色々な授業があれば全てがそうだと言えるか言えないかという議論はおいておいても、できるように指導する力がないあるいは指導していないその他何であれ、できるように指導がなされていない傾向にあるのではなかろうか。要するに例えば、遅刻するなとか言って時間を拘束しておいて、遅刻しようがしまいが説明が下手だから聞いても無駄なので関係ないとか時間を奪われただけで無意味な時間とかということがあるかもしれないということである。

 では、学校に残る価値は何であろうか。高校や大学で言えば、単位や卒業証書を発行することであろう。例え、自分が本当にやりたいことではなく、しかも指導力が無く時間を奪われるだけで無意味であっても、大学でいえば学位を授与する機構としての役目を果たし、時間を奪い無意味な時間を過ごさせた迷惑料としてせめて学位を授与することに存在意義があるのではなかろうか。

 学校の教員にしろその他の従業員にしろ、その人がいるからその学校を選んで入ったというような従業員って何人いるだろうか。入ったところにたまたまその人がいたというだけではなかろうか。例えば大学の場合、客が大学という法人と契約したら、その大学の使用人あるいは使用人のようなものにあたるものとしての従業員が担当者としてでてきたということであって、ではその従業員を信用できるかといったらできるかもしれないしできないかもしれない、それが当然ではなかろうか。

 それに、学校の教員自体、小学校、中学校、高校でやっていることなんかそれをもっと発展させてたことをしている人は世の中にいるし、そこでやっているのと似たことを習い事で教えていたり、そこでやっている内容なんかわかっている人は世の中にたくさんいる。大学の場合もそこでやっていることと似たようなことを仕事などで扱っている人は世の中にいるであろう。習い事に関して、受験勉強も含め、習い事の方が教えるのがうまいと思っている人もいるであろう。だから、学校の教員って実はそんなにすごいものではない。

 学校の教員はすごくないくせに、成績決定や単位発行を決めるから力がある。アカデミックハラスメントもある。学校の教員から成績決定や単位発行をとったら、学校の教員をまともに相手にしたい人なんかどれだけいるのであろうか、相手にしたい人が減ることはかなりの可能性で確かであろう。

 さて、子供の数が減り、需給バランス、少ないものの価値は上がり多いものの価値は下がるということで、学校利用客の力が増大し、学校及び学校従業員の力が下がるということが起こっているのであろう。もちろん、学校及び学校従業員にも主張はあるかもしれない。しかしながら、学校利用客の力が上がり、学校及び学校従業員の力が下がるなか、学校及び学校従業員の問題点が取り上げられやすくなるのであろう。学校及び学校従業員の価値を低くみなす人もでているのであろう。

 モンスターペアレントと呼ばれる人、そのそれぞれの行為が正当か不当かの議論はここではしないし、本当にモンスターかそうでないかの議論もここではしないし、従ってモンスターペアレントと言われている各行為を推奨するかやめるよう言うかという議論もここではしない。ただ、モンスターペアレントと呼ばれる人が出現している背景には、学校利用客の力が上がり、学校及び学校従業員の力が下がり価値が低下したということがあるであろう。
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

ブログ内検索

このエントリーをはてなブックマークに追加