忍者ブログ

社会問題研究所

社会現象の考察。政治、経済、科学、文化など。  このサイトはリンクフリーです。

人類の未来ー可能性

人類が将来どのような姿で存在するか、可能性を考えてみようと思う。バイオテクノロジーが進歩して、将来科学技術によって人類がどのような姿になっているかという問が考えられる。

 もちろん、遺伝子操作によって人類を改変してしまうことへ、安全性の危惧や選別につながるであろうことから反対の声がある。しかし、法規制で問題がない場所で人類への生命科学の応用により、人工的にデザインした遺伝子をもつ人間が多く誕生することはあり得るであろうし、また、生まれてしまえば一人の人として社会構成員としてともに生きていくことになる。

 人工的に遺伝子が設計された人がある程度社会に登場してくれば、それで構わないということになり、
人工的に遺伝子を設計することが当たり前になるかもしれない。

 生命科学により人類を操作することが今後どうなるか分からない。この技術は人類自体を大きく変えてしまう可能性もあるのではないか。慎重に議論すべき問題である。しかし、自分の意見を実行できる場所で実行する人もでてくるのではなかろうか
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

ブログ内検索

このエントリーをはてなブックマークに追加