忍者ブログ

社会問題研究所

社会現象の考察。政治、経済、科学、文化など。  このサイトはリンクフリーです。

就職活動ー問題

就職活動に関して問題点としてとりあげられることに、応募者が予約した説明会や面接に連絡なしに来ないということがあるであろう。確かにこのことは問題かもしれない。しかし、では逆に採用側は完璧かというと、これまたそうではないであろう。例えば、応募書類の郵送を求めた場合に届いたかどうか連絡してこないとか、応募したり面接や筆記試験を受けた際に通過したのか否かの連絡がないとかあったとしても連絡があったということが分かりにくいというような方向の話はあるのではなかろうか。何日以内に通過した人のみに連絡しますというような連絡でもあれば不採用ならそうと分かり、気持ちを切り替え次に向けて進むことができるし、そこは無理であったということで別の道にと早く切り替えることができるのであるが、結果がどうなったか分からないというのは迷惑であろう。応募書類の郵送を求めた場合だって、個人情報が入っているのであるから本当に届いたか連絡ぐらいすべきものであろう。応募者の方も、自分が予約した説明会や面接は行かないなら行かないで連絡ぐらいすべきであろう。
 もちろん、すべての応募者や採用側が上で述べたようなこれは問題ではないかというようなことをしているわけではないであろう。応募者にしろ採用側にしろやっているのは人である。やはり、お互いが気持ちよくやれるようにすべきなのではなかろうか。
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

ブログ内検索

このエントリーをはてなブックマークに追加