忍者ブログ

社会問題研究所

社会現象の考察。政治、経済、科学、文化など。  このサイトはリンクフリーです。

自分が主役の人生を

学校に行くと学校の教員が自分の意見が正しいというルールを押し付けてくるのではなかろうか。それに反発する人、それに適応する人様々だろう。
 社会の出来事に関して、政治的なテーマで大学の教員が発言することがあるかもしれない。それに対して自分は反対、賛成、様々な意見があるであろう。

 さて、大学の教員が政治的なテーマを発言したとしても、大学の教員に限らず評論家でも有名人でも政治家でも、講演会にしろ本にしろインターネット、マスコミ、国会、何にしろ、たとえ自分と同じ方向性を目指して主張していても、追従しているようではいけない。崇拝しているようではいけない。
 自分の考え方がしっかりとあり、そのうえで、似た考えの人とあるテーマで一緒に活動することはあっても、自分がまずあり、少なくとも相手とは対等で決して下ではないということで、一緒に活動するなら活動し、講演会や本などを見るならうのみにするのではなく、こんなことを話している書いている社会現象があると思って一つの意見と思って見ることではなかろうか。国会議員のやってくる集会に行くにしても、こんなのもあるのかと眺めるつもりであったり、そのテーマに関して国会議員を使うつもりでいくことだ。
 もちろん、そんな人はいないと思うが、このブログを崇拝しているようではいけない。他の誰かのブログでも同様に、崇拝しているようではいけない。こんなのもあるのかと眺めたり、情報を得たり、使うつもりでみることだ。

 店を使う時でも店屋のいうことに追従するようではまずいのではなかろうか。自分がある程度内容を分かっていないと相手のいうがままになってしまうかもしれない。すると主体性がなくなる。自分がまずあり、店屋のようなことを言う人もいるのだという一意見として眺めることができるのが良いのではなかろうか。

 では、主体性を持つにはどうすれば良いか。それは、しっかり各内容を勉強し、知識を得て自分の考えを持つことである。その分野を知らなければどうにもならない。その上で、インターネットに、ブログでもなんでも良いから匿名ブログならできるであろう、無料でブログをすることができるサービスもあるであろう、自分の考えを書き、情報発信し、主体性を発揮することだ。

 店屋などを使おうとすると、従業員が嫌がらせとか不当なことをしてくる場合があるかもしれない。
 対策の一つとして、抗議することだ。抗議しないとまたやられるかもしれない。やっても大丈夫ってやってくるかもしれない。本人に抗議するか、他の従業員に抗議するかそこはどうするかだ。どんな展開になるかを予想し、自分が更なる被害を受けないようにすることだ。
 また、利用を停止する買わないというのも一つの手だ。アンケートにも応じない。そんなところは使わない、それも一つの方法だ。使わなくてもアンケートに応じなくても構わないのならそれも一つであろう。義務のないことをしないまでの話である。他に同業他社はあるはずだ。使ってくれない、金が入ってこない、これは相手に取ってとても困る話である。しかし、自分が苦痛を受けないために義務のないことをしないまでの話である。
 さらに、行政機関にもっていくというのも一つの方法だろう。

 自分を主役とした人生、きっちりと自分をもった人生を送ると楽しいのではなかろうか。

(どうしても、学校で成績を取るためとかの理由で教員に合わせておくこともあるかもしれないが。)
PR

逃げるが勝ち

逃げるが勝ち、これはよく覚えておいた方が良さそうだ。

 ・ 法律的な知識・社会制度を良く知る。
 ・ 格闘技を身につける。

 この二点は、やっておくとよいかもしれない。しかし、格闘技はいつでも使えば良いわけではなく、正当防衛として認められるような使って良い場合でなければ、問題になることがあるであろう。

 そもそも、危なそうな人がいた場合とか、不当なことをしてくる人がいても、いちいち相手にしていると大変であり、さっさと逃げて関わらないのが楽かもしれない、自分にとって特かもしれない。法律的な知識・社会制度や格闘技は、もしもの時はどうするかという問題で、関わらないのが一番かもしれない。

 もちろん本当にやると決めたら法律的な知識・社会制度を用いることになるし、正当防衛として認められる内容で格闘技を使わず殺されるのもくだらないであろう。

 トラブルを避け、トラブルになりそうな人と関わらない、これが良いであろう。

 ただ、法律的な知識・社会制度や格闘技はトラブルを避けるのにも心強いし、法律的な知識・社会制度や格闘技を自分は使える能力があるというだけでも心強いであろう。

エコノミー症候群予防にアドバイスするのが薬剤師である必要があるか

各自の健康に関して当ブログを参考にしても著者は責任を負いません。また、各自の受ける医療あるいは医療を受けないことに関して当ブログを参考にしても著者は責任を負いません。

 九州の地震でエコノミー症候群予防に薬剤師が注意喚起をしているという情報がある。私が直接そのアドバイスを受けたわけではないので真偽は知らないが、これって薬剤師である必要があるのって思う。別に薬剤師を医師や看護師やその他医療の資格を持った人でも同じことであろう。こんなもの本人がやる気があるかどうかの問題ではなかろうか。やる気があれば、インターネットを使える環境であれば、誰かが動画でも文字やイラストや写真ででもインターネット上に紹介していればそれを見れば分かるはずである。ラジオで情報を流すのも一つであろう。支援物資に注意書きの紙をつけて配るのも一つではなかろうか。注意してまわる人だって、医療の資格なんかなくても知ってさえいれば誰でも良いのではなかろうか。そして結局自分でやる気があるかどうかが問題になってくるのではなかろうか。生物のような内容は、数学と比べて積み重ねの要素が少なく、学ぶのが容易ではなかろうか。結局健康なんて自分がやる気があるかどうかが大きいのではなかろうか。

 エコノミー症候群予防をきっかけとして、自分で自分の健康を守るということを初めてはどうであろうか。もちろん、本当に役に立っている内容の医療を受ける必要ができた時、それを受けることを否定はしないが。健康のためには自分でやらないといけないことが多いのではなかろうか。

パナマ文書

パナマ文書によって金持ちが租税回避地を使って節税したという話がでてくるであろう。

 これがなぜ金持ちにとって痛い話かということについて考えてみよう。税金を仮に一定額集める場合に誰から集めるのかという問題がある。金持ちから集めるか金のない人から集めるのか。システムによって社会制度によってどうなるかが決まる。

 金持ちといえども、イメージ人々からの好感は重視するかもしれない。金を持っていても、あいつは気に入らないやつだ、自分だけ金を持っている醜いやつだと多くの人から思われては嫌であろうし、批判のパワーが自分に向かうことを恐れているかもしれない。寄付したり、奉仕活動をしたりして、好印象を作ろうとするかもしれない。そして、裏では他人には知られないように節税しているのかもしれない。

 実際金なんて、一定額あれば後はどうでも良いものである。食べ過ぎは病気になるかもしれないし、物といっても家にあるのもは使わないものがたくさんあってそのスペース及び物が無駄であったり、実際必要な金はいくらかという問題があるであろう。

 では、何が怖いか。やはり、あいつは嫌だという雰囲気や、自分だけ金を持っていて醜い人間だという評価や、寄付や奉仕活動が自分が税を納めれば良いのにそれをしないでただのパフォーマンスとの評価が下されることや、食事に誘ってもどんなことをしても相手にされない無視、これらのことが怖いのではなかろうか。

 一人一人自分の意識・思考が自分の行動となり、その行動が社会をつくる。社会運動も何を買い何を買わないかも自分の行動は社会を作ることにつながる。一人一人がどのような社会を目指すかであろう。社会をどんな力がどんな方向に動かすが、所詮人々のパワーがどこへ向かっているかではなかろうか。

 そのためにも情報、ある物事に対して良い印象を作るか悪い印象を作るか、どんな情報を各自が持つか、各自に持たせ持たせないか、これが重要となってくるのかもしれない。

日本の大学は改革すべき

日本の大学は魅力的大学に改革すべきである。留学生といっても、金をやるからきてくれというのではなく、授業料を払ってでもくる価値がある大学に変えるべきである。留学生が来るといっても実際問題お金を優遇して受け入れている面があるであろう。これを金を払ってでもくる価値がある大学にすべきだ。金を優遇するから来ているような留学生は、外国の大学との勝負に負け、日本とのつながりのある優れた人物が輩出されるということになる可能性は低いのではなかろうか。やはり、大学が金を払ってでも来る価値のある大学になるべきなのである。

 もちろん、金はないが優れた人物になる可能性のある人を日本とのつながりをもたせて世の中に輩出するという点で、金のない一部の留学生に金を優遇し、その金で日本で学んでもらいその後世の中で活躍するという国家戦略はあっても良いかもしれない。しかし金を優遇する場合、本当に世界のなかで優れた大学、学部学科、大学院、研究室に限るべきだろう。

 優れた活躍をする可能性の高い人物をそういう場所で学ぶ場合のみ金を優遇し、外国人留学生の制度に国家戦略をもつべきである。

 私は何も排外主義なわけではない。また、どの分野にお金を回すかで、教育にもっと多くのお金を回すことができるとも言えるであろう。

 しかし、今大学生は経済的に困っている人がそれなりにいるのではなかろうか。というか、利子付きの奨学金という借金をしていたり、その借金で困っていたり、風俗店で働いている人もいるであろう。もちろん風俗店で働くのも一つの仕事ではあるし、それを目指す人もいるかもしれない。人それぞれである。しかし、金があればそんなとこで働かないという人もいるであろう。

 このような状況のなか、国家戦略として、日本国民の大学生に返済のいらない奨学金を渡したり、せめて利子無しの奨学金を貸すことを、外国人留学生を集めることよりももう少し力を入れるべきではなかろうか。

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

ブログ内検索

このエントリーをはてなブックマークに追加