忍者ブログ

社会問題研究所

社会現象の考察。政治、経済、科学、文化など。  このサイトはリンクフリーです。

社会人は偉い人か

社会人と呼ばれている者は学生よりも偉いと思っている人がいるかもしれないが、本当にそうであろうか。

 学生と言ってもアルバイトなど仕事をしている時は労働者である。学生と言っても、通信制とか夜間コースとかもあるであろう。正社員を昔していたが学生を今している人もいるであろう。学生もしているし別のこともしている人もいるであろう。それぞれが自分の人生を生きているわけで、特に社会人と呼ばれる人の方が学生よりも偉いなんてことはないであろう。

 社会人と呼ばれる人の中には違法行為を行って逮捕される人もいるであろう。これって大問題であろう。それでも学生よりも偉いのであろうか。

 社会人と呼ばれる人で自分は学生より上だ、学生に指導をするに値するのだ、なんてことを思っているとしたら、自分を大きく見せたいとか、自分のことを評価してもらえないものだからそういう振る舞いをしているとかなのかもしれない。

 それなりの人物なら、この文章を読んでも、自分は完全ではないし、いろいろと学ぶことはあるであろう、人に教える機会があれば、教えるのだってどうすれば効果的か良い影響を与えることができるか、自分は相手の人生の妨げにならないか、そういうことを思うこともあり、怒ったりはしないであろう。
PR

学校を批判的に語る

 学校とはそんなに素晴らしいものかという疑問がある。学校は、個性を伸ばすものではなく、画一化されたことを訓練する場所になっている。教科の学習だって世の中いろいろなテーマがあるが、決められたことをする場所であるし、制服とか組体操とかの団体行動、そんなの家業を継いだり起業するので関係ないという人もいるであろう。

 では、訓練する教科の内容、国語でも数学でも体育でも構わないのだが、画一化されたことを訓練するとしているその内容、テーマ、たとえ自分が選んだものでなかったとしても、学校のおかげでよくできるようになるかというと、教えている人が色々いて色々な授業があれば全てがそうだと言えるか言えないかという議論はおいておいても、できるように指導する力がないあるいは指導していないその他何であれ、できるように指導がなされていない傾向にあるのではなかろうか。要するに例えば、遅刻するなとか言って時間を拘束しておいて、遅刻しようがしまいが説明が下手だから聞いても無駄なので関係ないとか時間を奪われただけで無意味な時間とかということがあるかもしれないということである。

 では、学校に残る価値は何であろうか。高校や大学で言えば、単位や卒業証書を発行することであろう。例え、自分が本当にやりたいことではなく、しかも指導力が無く時間を奪われるだけで無意味であっても、大学でいえば学位を授与する機構としての役目を果たし、時間を奪い無意味な時間を過ごさせた迷惑料としてせめて学位を授与することに存在意義があるのではなかろうか。

 学校の教員にしろその他の従業員にしろ、その人がいるからその学校を選んで入ったというような従業員って何人いるだろうか。入ったところにたまたまその人がいたというだけではなかろうか。例えば大学の場合、客が大学という法人と契約したら、その大学の使用人あるいは使用人のようなものにあたるものとしての従業員が担当者としてでてきたということであって、ではその従業員を信用できるかといったらできるかもしれないしできないかもしれない、それが当然ではなかろうか。

 それに、学校の教員自体、小学校、中学校、高校でやっていることなんかそれをもっと発展させてたことをしている人は世の中にいるし、そこでやっているのと似たことを習い事で教えていたり、そこでやっている内容なんかわかっている人は世の中にたくさんいる。大学の場合もそこでやっていることと似たようなことを仕事などで扱っている人は世の中にいるであろう。習い事に関して、受験勉強も含め、習い事の方が教えるのがうまいと思っている人もいるであろう。だから、学校の教員って実はそんなにすごいものではない。

 学校の教員はすごくないくせに、成績決定や単位発行を決めるから力がある。アカデミックハラスメントもある。学校の教員から成績決定や単位発行をとったら、学校の教員をまともに相手にしたい人なんかどれだけいるのであろうか、相手にしたい人が減ることはかなりの可能性で確かであろう。

 さて、子供の数が減り、需給バランス、少ないものの価値は上がり多いものの価値は下がるということで、学校利用客の力が増大し、学校及び学校従業員の力が下がるということが起こっているのであろう。もちろん、学校及び学校従業員にも主張はあるかもしれない。しかしながら、学校利用客の力が上がり、学校及び学校従業員の力が下がるなか、学校及び学校従業員の問題点が取り上げられやすくなるのであろう。学校及び学校従業員の価値を低くみなす人もでているのであろう。

 モンスターペアレントと呼ばれる人、そのそれぞれの行為が正当か不当かの議論はここではしないし、本当にモンスターかそうでないかの議論もここではしないし、従ってモンスターペアレントと言われている各行為を推奨するかやめるよう言うかという議論もここではしない。ただ、モンスターペアレントと呼ばれる人が出現している背景には、学校利用客の力が上がり、学校及び学校従業員の力が下がり価値が低下したということがあるであろう。

学校利用者(学生)の学校に対する考え方

学校の客(学生)は、自分の権利について考えた方が良い。授業料を払ってあるいは行政からのサービスの一環で税金から運営されているサービスで、その内容を習う権利があるわけである。学生は学校の客であって、授業料を払っている場合スーパーで買い物をするのと同じく購入をしているわけである。買い物であったり行政が行うサービスであったりするわけだ。

 しかし、学校の成績が次の進路で使われるとか履歴書に卒業と書くとかで、正しいことを言ってもそれが学校からの弾圧の対象になるかもしれない。だから、どう行動するかはよく考えた方が良いかもしれない。

 しかしながら、学生はサービスを買った客であったり、あるいは行政のサービスを受けているのだという意識をもっていると、違った見方ができるかもしれない。自分がどう思いどう行動するかで学校が変わるかもしれない。例えば大学教員による客への意見の押しつけいう、大学教員が客に意見を押しつけるのが実態の大学教員のための学問の自由がなくなるかもしれない。しかし、正しいことでも学校から弾圧され、不利益を被るかもしれない。なのでどう行動するかはよく考えた方が良いかもしれない。

異文化研究者ってすごい人なの?

外国文化のように、一般的な日本文化とは異なる文化の研究者、優れた人なのだろうか。日本であれ外国であれ、今はなくなり過去のものとなった文化、これは、外国の現地の人だってもはや自分の生活の中にある文化ではなくなっている。しかし、現代の文化、これは、外国の現地の人の人生の中にある文化である。

 現代の外国文化、これをいくら研究して文化学者と言ってみても、どこまでいったって本家の現地の人の方が自分がやっていることで優れているに決まっている。仮に大学教授とかいってみても、普通に暮らしている現地の人の方がその内容に対して優れている。

 今の時代、旅行したり、インターネットで情報を発信したり、文化学者がそうだといった内容しか情報がなく、情報統制できる時代ではない。大学の異文化研究者よりも現地の人の方がその文化に詳しく、インターネットで情報を得たり、実際現地に行ってそこの人に会うことができるのだったら、異文化研究者の価値は低下するしかないだろう。

学校の従業員は考え方を改めるべき

学校の従業員は考え方を改めるべきだ。今、習い事で多くのことを学べる。学校でなくても学べるのだ。インターネットもある。このように、学校以外の学習と学校の提供するサービスが比較評価される時代である。

 大学でアカデミックハラスメントなんてやっている場合ではないのだ。しっかりとしたサービスを提供しないと、品質が悪いとの評価になるのだ。

 意識改革として、まず、客である学生に対し、朝来たら校門に並んで、おはようございます、ようこそお越しくださいましたと挨拶し、帰りにはお気をつけておかえりくださいと挨拶し、しっかりと客にサービスをしないといけないという意識付けから始めるべきではなかろうか。

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

ブログ内検索

このエントリーをはてなブックマークに追加