忍者ブログ

社会問題研究所

社会現象の考察。政治、経済、科学、文化など。  このサイトはリンクフリーです。

その仕事、まともな仕事か?良いこと言っても目的は金儲け?

仕事って色々あるけどその仕事はまともな仕事か、良いことを言っていても目的は金儲けだろ、そんな疑問があるかもしれない。

 まず、法律違反かどうかについて、もちろん法律に違反してはいけない。しかし、良い悪いというのは何を基準に良い悪いとするかだが、例えば、相手を幸せにするビジネスかどうか、相手を幸せにしてお金をもらっているかを基準にした時、法律を守ったかどうかとは異なる分類になるかもしれない。法律違反でも相手は幸せになる仕事があるかもしれないし、法律を守っても相手が不幸せになる仕事があるかもしれない。

 もちろん法律は守る必要がある。従って法律を守ってのうえでの話だが、ビジネスとして、相手が幸せになることをして金を儲けて構わないのではなかろうか。しょせん金儲けが目的で相手が幸せになることをしているのであっても、金が欲しくて仕事をしている人はいるわけで、相手が幸せになることをして金持ちになりたくて大儲けしても構わないのではなかろうか。金儲けで仕事をする人はいるわけだ、金持ちになりたい人もいるだろう、問題なのは、相手が幸せになるようなビジネスをして儲けているかではなかろうか。相手が幸せになることをどんどんして儲けてくれたら、それを使って幸せになる人が多くなるのではなかろうか。相手が幸せになることをしょせん金儲けが目的でして構わないわけである。
PR

この社会、あなたの思っているようなものではないのかも

実際どうか、分からないこともあるだろう。

 例えば北朝鮮をとりあげたい。トップに影武者がいるという意見があるだろう。本当にいるのか?いるとしたら何人いるのか?金正恩って生きているの?、仮に生きているとしても病気とかはどうか?、金正恩が影武者を操っているのか、金正恩には力がなく別の人が影武者を操っているのか?、内部で争いが起きていて、それぞれのチームが影武者を出しているということはないのか?
さて、実際のところどうなっているのだろうか。

 さらに言うなら、外交官や政治家やマスコミなど、北朝鮮が実際どうなっているのか知っている人がいるのか。どの程度知っているのか。

 こういう風に物事を見ていくと、マスコミとか学校とかで聞く話って本当なのかあえて違うことを言っているのか、本当のところ、どうなっているのだろうか。

社会で役立つ人とは

社会で役立つ人、これは仕事をしている人で一言ですますことはできないだろう。なぜなら、何をもって役立っているとするのかという問題があるからである。

 この仕事、実際問題利用者に役立っているのと思うような場合もあるのではなかろうか。それでも、組織の金儲けには役立っているのかもしれない。こういう場合は何に対して役立つのかというのが問題になるであろう。

 では、戦闘の武器を作る人、これは役立っているのだろうか。本当に人類のために役立っているのだろうか。戦争を行う軍隊の人、これだって人類に役立つと言えるのだろうか。こういう問題があるであろう。

 社会に役立つと言っても、どういう意味で役立つのかという問題があるであろう。社会的に役立つとか、社会的に優れた人とか言っても、一体どういう基準・価値観に基づいて言っているのかという問題があるであろう。

 自分以外によって作られた基準・価値観に何も考えずに従うと、自分自身がその基準・価値観に奴隷化してしまうのではなかろうか。

日本と北朝鮮関係

日本と北朝鮮の関係をどうしていくかという問題があるであろう。今の北朝鮮は危険と言えるだろう。実際問題、日本や韓国が素晴らしい国かどうかはおいておいても、日本と北朝鮮なら日本に住みたいし、韓国と北朝鮮なら韓国に住みたいと思う人が多いのではなかろうか。

 戦時中に日本が朝鮮半島で行ったと言われている問題行為、その内容があったかなかったかということも議論されることがあるであろうが、仮に問題行為があったということで謝罪や金銭を渡すにしても、今の北朝鮮政府に渡すのはまずいであろう。仮に被害があって被害を受けた人に直接謝罪するとか金銭を渡すのならまだしも、今の北朝鮮政府は自国民を弾圧していてひどい政府と言えるであろう。仮に今の北朝鮮政府に金銭を渡しても人々に行き渡るとは限らず、仮に謝罪したとしても外交戦略に使われるだけかもしれず、自国民のためを思っている政権ではないから仮に問題行為があっても被害者への謝罪にはならない。

 これは戦争とは全く別のことで、仮に北朝鮮の貧しい人のために支援といっても、その支援金を北朝鮮政府に渡しても本当に支援したい人に行き届くかという問題があることも同時に考えてみると良いであろう。

 あるないは別として、仮にアメリカ合衆国が原爆を落としたことの謝罪でも見舞いでも日本政府に金銭を渡しても、仮にそれが無関係の工事に使われて被害者に渡らなければ意味がないのと似ているであろう。(これはあくまでも仮にの話です。)

 仮に問題があるのなら、本当に向き合うべき相手が誰かということである。

 東アジアが良い方向に向かうことを願う。

悪はインターネットに残る

千葉大学の性犯罪事件、刑事処分、民事上の責任、所属団体から処分があるであろうが、それだけでは終わらない。インターネット上に情報が残るかもしれないという問題がある。従って、どこへ行っても集団レイプ犯と認識されうるわけだ。

 千葉大学の性犯罪に限らず、問題を起こした場合、インターネット上に確かに事実である情報が残ってしまう可能性があるのだ。今このような時代に生きているのだ。そのことをしっかりと認識すべきである。

 ところで、千葉大学よりももっと大きな問題、これはぜひ巨悪として認識すべきであろう。制度を作り合法的、あるいは違法であれ、どちらであれ巨悪、例えばイラクを攻撃しイラクがめちゃくちゃになったこと、千葉大学の件はもちろん問題だが、これの方が責任のある人物は問題を起こした人物と非難されるべき話であろう。

 巨悪をしっかりと見るべきである。

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

ブログ内検索

このエントリーをはてなブックマークに追加