忍者ブログ

社会問題研究所

社会現象の考察。政治、経済、科学、文化など。  このサイトはリンクフリーです。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

若者の意見は社会に反映されるか

若者の意見は社会に反映されるか、これは世代間の問題でもある。

 例えば、選挙権がない人の意見は票にはならない。将来選挙権を獲得するであろうということがあったとしても、現在選挙権がなければ票にはならない。

 政治家のおこなうことには、おそらく自分自身の年齢とか、どの年代の人が自分に投票しているかや将来投票してくれる可能性があるかが関係してくるのではなかろうか。選挙で立候補できる年齢は制限がある。

 仕事でももちろんいきなり経営者になってうまくいくかという考察がいるかもしれないが、年齢が上の人が上の役職につく傾向があるであろう。

 学生として学校に行っても年が上の人が組織を動かしている傾向があるのではなかろうか。

 自分の意思を反映させたければ少なくとも選挙や最高裁判所裁判官の国民審査には行くべきではなかろうか。

PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

ブログ内検索

このエントリーをはてなブックマークに追加