忍者ブログ

社会問題研究所

社会現象の考察。政治、経済、科学、文化など。  このサイトはリンクフリーです。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

安全保障関連法案成立後の社会での出来事の可能性

安全保障関連法案が成立したが、その後の社会で起こりうることについて考えてみよう。成立したからといって、成立後の次の日から日本一帯が大洪水になったり火山が大噴火したりして、どこももう住めなくなるなんてことはないであろう。今までの延長上での生活がつづいていると感じるのではなかろうか。
 しかし、物事は少しづつ安全保障関連法案成立ということでの社会が進んでいくのではなかろうか。そして、ある時気づいたら、昔と比べたら大きく変わっているということになるのではなかろうか。あるいは、ある時安全保障関連法案が成立したということによる問題が何かの出来事をきっかけとして発生するかもしれない。
 なんだ、成立したって今までと別に生活は変わらないしどうってことないと思っていると、とんでもないことが後で起こるかもしれない。
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

ブログ内検索

このエントリーをはてなブックマークに追加