忍者ブログ

社会問題研究所

社会現象の考察。政治、経済、科学、文化など。  このサイトはリンクフリーです。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

大学生は支出を節約すべきでは

大学生で奨学金という名前の実質的な借金をしている人は節約をするべきではなかろうか。借金をしているとそれを返さなければという思いが時々わいてくるのではなかろうか。そんなことよりも借金がない方が精神的に楽ではなかろうか。

 借金をしても返済するのは自分ということになるであろう。従って、自分が借金をしようがしまいが相手は自分が金を払ってくれれば自分の借金のことなんてどうでも構わないわけである。

 既に奨学金という実質的な借金をしている人でも金額を減らすことができないか考えてみてはどうであろうか。

 大学生の支出に考えられることが例えば店での食事代があるであろうが、店で食事をする必要があるか見直すのも一つであろう。そもそも、下宿する場合、あまりに苦痛に感じない程度に安い所を借りるのも一つであろう。部活動とかサークル活動、これだって、有意義にやっていてやりたいものをやめるのがよいかという考えもあるであろうが、少なくとも絶対にしないといけないなんていう先入観は持たない方がよいであろう。中卒とか高卒で働いている人や小学生でも子供タレントのような仕事をしている人はいて、大学で部活動とかサークル活動をしないと人格が劣っているとか成長していない人などということにはならないであろう。アルバイトを嫌な労働条件の場所でもなんでも無理にする必要はないものの、それをしていればお金は入ってくる。

 大学生活がしばらくたって、借金という後悔を残さないようにすべきであろう。
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

ブログ内検索

このエントリーをはてなブックマークに追加