忍者ブログ

社会問題研究所

社会現象の考察。政治、経済、科学、文化など。  このサイトはリンクフリーです。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

不祥事、後出し

不祥事が起きた場合に、後から同じようなことが発覚した方が非難を受けにくいということはなかろうか。似たように不祥事を他がやっていることが発覚し、大いに非難を受けた後、何例か他にもやっているところがありますとでた後、実はここも問題でしたというかそういうところはたくさんありますとなった場合、初めの方に発覚した所は初めは珍しいし大いに批判され、後の方になると慣れてきてその世界全体の問題だのような雰囲気になり、個別批判が少なくなる、そんな傾向があるのではなかろうか。

 初めの第一例は大いに批判される。
 次のいくつかも批判される。
 その世界全体の問題だとなってきた頃にはみんな慣れてしまっている。

 こんな傾向があるのではなかろうか。
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

ブログ内検索

このエントリーをはてなブックマークに追加