忍者ブログ

社会問題研究所

社会現象の考察。政治、経済、科学、文化など。  このサイトはリンクフリーです。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ドローンに関連して少年逮捕

威力業務妨害容疑でドローンに関連して逮捕された少年がいる。この件に関しては、安全性や倫理的な問題とは切り離して、法律的に違法かどうかということを司法はきっちりと審査する必要がある確かに、危険な行為だからやめて欲しいという一般人の思いはもっともな感性であろう。しかし、逮捕ということになると、法律違反行為が存在することが必要であり、倫理的にとか感情的なもので逮捕してはならない

 今回の逮捕が違法行為が存在しての逮捕に該当するのか否かは分からない。今回の事件の全体を知っているわけではなく、分からない部分がある。しかしである、逮捕するなら違法行為がないと逮捕してはならないという主張は強調したい。
感情的に問題行為だから逮捕ということなのか、法律違反で逮捕ということなのか、分からない部分があり、その点に関してははっきりさせる必要があるであろう。この件に関しては、弁護士が違法かどうかをしっかりと審査し、しっかりとした弁護活動をおこなうことが望まれる。

 三社祭でドローンを飛ばすと予告して警備強化をさせたなどの事実があったとして(ドローンを飛ばすと予告したという事実の有無を確認する必要があるかもしれない)、それが違法行為かどうか内容に関しては審査する必要がある。
三社祭でドローンを飛ばすこと自体が違法かどうか、私はどうか知りませんが仮に三社祭でドローンを飛ばすこと自体違法でないなら、それに加えて私はどうか知りませんが仮にドローンを飛ばすと言ったらやめてくれと言う話になり警備強化になったというところまでなら違法と言えるかどうか、これはよく審査する必要があるのではなかろうか。ドローンをもっていたからといって私はどうか知りませんがある場所で持っていること自体が違法で仮にないなら警察が入っていってよいか否かという問題も考える必要があるのではなかろうか。逮捕には違法行為が必要であろうし、法律上問題ない行為に警察が入っていってよいかということは考えておく必要があるであろう。

 もちろん、違法かどうかに関わらず、危ないから警察が入ってきてくれて安全を守ってくれたという意見の人もいるであろうし、自分が危険な目にあえば、守ってくれたと思うかもしれない。しかし、法律上警察が入ることができることかどうかははっきりさせる必要があり、守られなければならないことであろう。

 ここからの話もどうなのか事実関係が分からないで書く部分があるのだが、インターネットを使って情報発信していたということであるから、警察が逮捕する前に、インターネットの管理をしているところが、このような行為をして情報発信をするのを禁止するような措置をとることができなかったのか、この点は議論すべきであろう。

 (この文章の中で事実がどうか分からないとしている部分に関してはどこかに書いてあるとありがたいのだが。)


PR

大学入試ー公平性

大学入試が公平かということに関して今回は考えていこう。

 所得の格差により、金持ちの家庭の方が学習塾とかに通わせることができて有利とかいう議論もあるが、そういう議論はここでは置いておこう。

 試験の内容に関して考えていく。面接とか小論文だと、どうしても判定者の主観が入ってしまうのではなかろうか。マークシートだったら機械がどう読み取ったかでおしまいである。それだって故障があるかもしれないが(
それも実力のうちなのか不公平なのかはここでは置いておこう)。記述式の答案だって、薄い字で読めないかどうかの問題になると、自分の答案にあたった採点者によるのではなかろうか。そして、決定的な不公平な点は、理科や地歴公民の選択科目である。理科の中でとか地歴公民の中でとかで、どの科目を物理とか化学とか生物とかで例えば一つ選ぶ場合に実際問題予め科目をきめて勉強していて、それを解く可能性が高いであろう。ということは、たまたまその時の試験で選択科目のどの教科が簡単か難しいかで有利不利ができてしまう

 まあ大学入試は、その時出題された問題がたまたま昨日やって覚えたところだったら有利なわけだし、運みたいなところがどうしてももともとあるものなのだろう

朝御飯と成績

 朝御飯と成績の関係が話題になることがある。関係性があるのではという考えを否定しようというわけではない。勉強に限らず、スポーツとの関係でも、朝御飯を食べた方が良い成果を出すことができるということはありうるであろう。

 しかし、ここでもう一つ別の観点から物事を考えてみる必要があると思う。仮に、朝御飯が
成績に関係していたとしても、朝御飯を食べる子供の家庭環境がどうかという問題である。すなわち、朝御飯を食べる子供と食べない子供では、統計的に言って、食べる子供の家庭の方が恵まれている、収入が多い、しっかりと子供の面倒をみているというような傾向があるかどうかである。もし、朝御飯が用意されない原因が、家庭が崩壊していることであるとすれば、そのことが成績との関係に影響しているのではないかという疑いが生じる。この辺りのことを考えてみないと朝御飯が成績にどれぐらい影響しているかということは簡単には結論付けることはできないのではなかろうか。金持ちの家庭は塾に通わせたりできて成績と相関関係があるのではないかという考えもあるであろう。金があるのだから、その金を使って朝御飯を食べるようにな体制にしているのではないかという考え方もありうるのではなかろうか。

 この辺りのことがどうなのかという疑問がある。

野依良治への退場勧告

 野依良治が理化学研究所のトップから去った。しかし、こんなことで幕引きがはかられて許されるわけがない。なぜなら、笹井芳樹が自殺したからである。

 組織のトップにはその組織のことに関してあらゆる責任がのしかかってくる。このことは承知の上でトップにならなければならない。STAP細胞に関する問題がとりあげられるなか、関係者の状態にも気を配る責任がある。もちろんSTAP細胞に関わった笹井芳樹には責任があるであろう。自殺したから責任が消えることではない。しかし、不利な状況におかれた笹井芳樹の悩みや状態を知らなかったとすればあまりにも無責任であるし、知っていたら知っていたで何らかの精神的サポートをし、自殺にはならないようにするべきことである。例えば、刑事被告人であったとしても、マスコミからバッシングされている犯人と思われているような人物でも、弁護士をつけて自分の見方にすることができるのが日本社会である。笹井芳樹をサポートすること自体何ら問題ないはずである。

 私以外からも、野依に関してはトップとしての無責任への批判の声がある。私は思う。十分な支援を行ない助けることができなかったと言う点において、笹井芳樹を殺したのはまさに野依ではないかと。このような人物が、様々な権力またはおいしい部分がありそうな場所へでてくることは許されない。事務員などの職員が働いているところへえらい人だとかいうような感覚の立場で出てくることなど許されてよいはずがない

 野依良治へ退場を勧告する。無責任リーダーなど必要ない。いつから君はタレントになったのだ。いろいろな場に君みたいな人物が出しゃばる必要などない

キラキラネーム

子供に変わった名前を付ける人がいるようである。考えられることとして、漫画の名前をつけたり、洗剤の名前をつけたり、その他名前としては変な名前をつけたり、そういうたぐいのことが考えられる。いじめられるのではないかとか、本人が嫌がるのではないかとか、そういうことが考えられる。名前は普通の名前がよいであろう。

 どうしても本人が違う名前を使いたいというのであれば、後でペンネームとかそういうたぐいのことをすることも可能性として考えられる。政治家でも、本名以外を使っている人がいるであろう。だから、本名以外を使っている人なんて世の中ごく普通に存在する。

 どうしても子供にキラキラネームをつけたいと思うのであれば、自分が本名以外以外を使うような活動をすれば良い。そうかといって、そういう活動をするのはそう簡単ではないという人もいるかもしれない。

 しかし、わりとハードルが低そうなこともある。例えばブログなんかごく普通にニックネームを使ったりしているであろうし、ブログ以外でもニックネームを使う場はあるであろう。そういう場で、許される範囲で本名以外をつかうというのが代替案として考えられる。

 子供に名前のせいで嫌な思いをさせることは避けるべきである。
 

ブログ内検索

このエントリーをはてなブックマークに追加