忍者ブログ

社会問題研究所

社会現象の考察。政治、経済、科学、文化など。  このサイトはリンクフリーです。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

進学

学校の進学に関して今回は書こうと思う。
 進学することを希望している人もいると思う。別にそのことを否定するつもりはない。ただ、後で困らないように、負の部分について今回述べさせてもらいたい。どうするかは各人の問題である。
 大学に進学する場合、普通授業料を払うことになると思う。生活費もかかる。そこで、返済が必要な奨学金を借りる、実質的に借金をする人もいるであろう。今、税金など様々な負担増がある。将来返済するにしても、収入をまるまる使える訳ではなく、収入から税金などを支払い、住居や食費などの必要な支出があり、そして奨学金の返済があることになる。しかし、それでも返せる人は良い方かもしれない。収入が十分になく、返済に困っている人もいるはずである。大学に進学した結果、お金が全てではないものの、後悔しないようにお金のことは考えておいた方が良い。
 ここでは、大学についてとりあげたが、他の学校でも同様である。それでも行こうと思うものがあるのかをよく考えた方が良いと思う。行く価値があるから行くのなら、それはそれで一つの選択だし、行かないなら行かないでそれも一つの選択だと思う。
 高卒で運良く返済の必要な奨学金なしで就職できた人と、高卒後進学し返済の必要な奨学金が残り就職先がない人と、どちらが楽しいかという問題はあると思う。給与から税金、健康保険などどのくらい支払うことになりどのくらい手元に入ってくるか、小学生、中学生、高校生その他の学生は、調べてみると良いと思う。

PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

ブログ内検索

このエントリーをはてなブックマークに追加