忍者ブログ

社会問題研究所

社会現象の考察。政治、経済、科学、文化など。  このサイトはリンクフリーです。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

未熟な経営者ー野依良治ー

理化学研究所のトップであった野依良治がトップから去った。この野依という人物、問題経営者であるようだ。STAP細胞問題に関してどうも嫌な展開になってきたなという時、組織の代表なら自分に最大の責任があるということぐらい普通たやすく理解するものであり、その結果として自殺者なんかださないように運営すべきものである。しかし、笹井芳樹は自殺した。まさに、最悪の出来事である。

 野依良治は未熟な経営者である。未熟な経営者であるがゆえに、死者がでるような運営をしたわけである。組織の問題はトップの責任である。
STAP細胞問題で起きたことは、まさに未熟な経営者がひきおこした問題である


 野依は自分がでるべき場所が分かっていない。野依が不適格な場所にでていくから悪いわけである。野依は組織のリーダーや経営層や政策決定に関わる場所などのようなところには二度とでていかないのがよいこんな人物がトップあるいはそれに近い場所で動かれると、社会にとってよくない
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

ブログ内検索

このエントリーをはてなブックマークに追加