忍者ブログ

社会問題研究所

社会現象の考察。政治、経済、科学、文化など。  このサイトはリンクフリーです。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

日本の大学は改革すべき

日本の大学は魅力的大学に改革すべきである。留学生といっても、金をやるからきてくれというのではなく、授業料を払ってでもくる価値がある大学に変えるべきである。留学生が来るといっても実際問題お金を優遇して受け入れている面があるであろう。これを金を払ってでもくる価値がある大学にすべきだ。金を優遇するから来ているような留学生は、外国の大学との勝負に負け、日本とのつながりのある優れた人物が輩出されるということになる可能性は低いのではなかろうか。やはり、大学が金を払ってでも来る価値のある大学になるべきなのである。

 もちろん、金はないが優れた人物になる可能性のある人を日本とのつながりをもたせて世の中に輩出するという点で、金のない一部の留学生に金を優遇し、その金で日本で学んでもらいその後世の中で活躍するという国家戦略はあっても良いかもしれない。しかし金を優遇する場合、本当に世界のなかで優れた大学、学部学科、大学院、研究室に限るべきだろう。

 優れた活躍をする可能性の高い人物をそういう場所で学ぶ場合のみ金を優遇し、外国人留学生の制度に国家戦略をもつべきである。

 私は何も排外主義なわけではない。また、どの分野にお金を回すかで、教育にもっと多くのお金を回すことができるとも言えるであろう。

 しかし、今大学生は経済的に困っている人がそれなりにいるのではなかろうか。というか、利子付きの奨学金という借金をしていたり、その借金で困っていたり、風俗店で働いている人もいるであろう。もちろん風俗店で働くのも一つの仕事ではあるし、それを目指す人もいるかもしれない。人それぞれである。しかし、金があればそんなとこで働かないという人もいるであろう。

 このような状況のなか、国家戦略として、日本国民の大学生に返済のいらない奨学金を渡したり、せめて利子無しの奨学金を貸すことを、外国人留学生を集めることよりももう少し力を入れるべきではなかろうか。
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

ブログ内検索

このエントリーをはてなブックマークに追加